禍福はあざなえる縄のごとし かよぷぅのおもっしょい毎日ぃ

豊浜町の朝取れ大根

朝どれ野菜

週に何度か農家さんたちが 新鮮な野菜を届けて下さる。

家中舎のお皿に欠かせない 紅芯大根や紫大根など彩りのきれいな野菜は 
豊浜町の農家さんにお願いをしている。
理数系農家さんで 様々な研究と実験を重ねながら
野菜作りに励んで下さっている。
勉強熱心な人で その理論を聴かせてもらうのが 楽しみだったりする。
「スイカ、芋、それぞれの特徴に人間があわせていけば 
素直に大きく美味くなっていく。人間も同じ。」という話を聞かせて頂いたとき
前職は先生か?と思った(笑)
美味しいと、動物も狙うので 動物との戦いも大変なのだそう。
雨の日も 風の日も 日照りの時も…
気が休まることは無いんじゃないだろうか。
苦心の中から生まれる野菜は、とにかく美しく大きく とても美味しい。

「お野菜が甘いわぁ〜」
「身体が中からきれいになった気がするわぁ〜」

お客様から上がる声を耳にする度、
農家さんたちの日に焼けた顔、土を払う手が浮かぶ。

陰で汗を流している人たちのおかげで
今日も喜んでくれる方々に出会わせてもらっている。
感謝。

関連記事