禍福はあざなえる縄のごとし かよぷぅのおもっしょい毎日ぃ

家中舎か 中津万象園か? 江戸時代つながり

結納の顔合わせ

和婚、 WAKONと ウェディング情報誌や衣裳屋さんが〝和〟を推しているからなのか、 それとも日本人の遺伝子がそうさせるのか…「結婚式を 神社やお寺で挙げて、家族だけのお祝いの食事会をしたい」と希望されるお客様が大変多くなってい…

詳細を見る

たなごころで心遣いを学んだよぉ

皿に置かれた懐紙

家中舎の昼膳『たなごころ』。掌と書いて タナゴコロ。指圧の心はタナゴコロ……というのあったよな、ん?ははごころか?(笑) フルッ(°°;)厨房スタッフが 手をかけてこしらえたお菜の数々を、お客様に…

詳細を見る

想い出をまとう

ふとした拍子に記憶がよみがえり、その時分のその瞬間に引き戻されることは誰にもあるだろう。今朝入ったスーパーで、魚屋さんの手首に残る輪ゴムの痕が目に入った瞬間に 祖母の手に何本も重ねられていた輪…

詳細を見る

勇気ひとつを杖にして

今年は、年明けから新しい出会いが続いている。三箇日明けてすぐ、「佳代に逢わせたい人が居んねん!」と盟友の朋ちゃんに連れられて片道3時間半の旅に出た。行き先は 徳島県海陽町。徳島で高速を降りると、細い田舎道や山道が続いてい…

詳細を見る

コミュニケーションが苦手な方へ

【母からの最期のことば】今を上手に生きるには コミュニケーション能力が大切。コミュニケーション能力をあげて、自分のチョイスで未来を作っていきましょう。話すことが苦手な人 会社や学校で上手に輪に入れない人。上手に人と付き合えな…

詳細を見る

目があう

家中舎に通うようになって2度目の春が来ようとしている。 築192年の屋敷を包み込むように古い樹が並んでいるのだけれど、中庭に、群を抜いて古いと思われるコブコブの梅がある。老木すぎて今年はもう花は無理なんじゃないか?と思っていたの…

詳細を見る