禍福はあざなえる縄のごとし かよぷぅのおもっしょい毎日ぃ

これまでに無い経験を好機にとらえたいもんだ

足元に目を

コロナウィルス肺炎の影響で 世の中が あたふたしている。

いろんなこと モノが 大きく揺れている。

個人的にも、
講師の仕事は 100% 延期と中止。 

家中舎においても 謝恩会、送別会、宴会は全てキャンセル。
加えて 学校が休校になり 外に出かけられない女性が多くなって
ランチ予約は ほぼほぼキャンセル。

宿泊予約はどうなっていくんだろう・・・

こんなことってあるんだなぁ…。

結婚式以外 白くなりつつある予約ボードを見ながら呆然とする。

「ええ気になりなさんなよ」。。。
母に よく言われていた言葉を
今 ふたたび あの世から投げられている気分になる。

ずっと昔、
努力したことに賞をもらったとき、
初めてレポーターのオーディションに通ったとき、
盟友と二人 会社を興して うまく仕事が回り始めたとき……

踊り出しそうな気分のときに
世界で一番 喜んでくれたあと
必ず 低く渋く 落ち着いた声で 
「ええ気になりなさんなよ」と言われていた。

開業して一年
この3月は スケジュールボードが黒ずくめになってたことに
 ええ気  になっていたかもナ。
反省。

相方は 
「世の中のみんながはじめて直面するんだから、
だれも答えなんかもってない。
なににしてもじっくり考える良い機会や。好機にしないと。」
という。

好機。。。

やせ我慢にしろ  
ちょいちょい良いこと言う(笑)

人の5倍働いて 人の3倍遊ぶ!。。。は
こうなると無理だな(笑)

草抜き、
障子貼り、
修繕、
語学学習。。。

この機に
ゆっくり足下をみながら歩いてみよう。

禍福はあざなえる縄のごとし。

。。。だな。

  

関連記事